本文へ移動
国際研修・セミナー 国際研修・セミナー

東ティモール刑務所改革支援(UNODC共催・ICD協力)

 本支援は,UNAFEIが,東ティモール司法省矯正・社会復帰局職員及び刑務所職員を対象に,@国連薬物・犯罪事務所(UNODC)バンコク事務所との共催及びA法務省法務総合研究所国際協力部(ICD)との協力によってそれぞれ実施しています。本支援では,刑事施設の適正な管理運営や犯罪者処遇のための職員の実務能力の向上を目的として,東ティモールの刑務所で使用されているアセスメント・フォーマットの改良や,それを効果的に運用するための理論,知識,技能の習得を目指しています。

1. UNODCとの共催による支援

 UNODCバンコク事務所との共催で暴力的過激主義防止のための犯罪者処遇に係る技術支援を行っています。
 現地セミナーを実施し,「アセスメントと分類(保安の観点を含む)」,「多機関連携」及び「更生に資するトリートメント」等の講義や,アセスメント・フォーマットの改良作業及び職員のアセスメント能力向上のための方策の検討を行いました。

回数 期間 研修員 人数 実施場所
第2回 令和2年2月10日〜2月13日 司法省矯正・社会復帰局職員,刑務所職員 33名 東ティモール
(ディリ)
第1回 令和元年7月16日〜7月19日 同上 30名 同上

2. ICDとの協力による支援

 現地セミナーでは,「アセスメントと分類(保安の観点を含む)」及び「更生に資するトリートメント」について講義を実施しました。
 また,東ティモール司法省矯正・社会復帰局長,同省人事管理局長らを日本に招へいし,上記1で実施中のアセスメント・フォーマットの改良作業等の検討や,日本の刑事施設や矯正研修所の見学等を実施し,様々な属性の受刑者(犯罪性の進んだ受刑者,精神障害者,性犯罪者等)に対するアセスメント手法や,職員の育成方法等について検討しました。

回数 期間 研修員 人数 実施場所
第2回 令和元年12月11日〜12月18日 司法省矯正・社会復帰局職員,司法省人事管理局職員 3名 日本
(東京)
第1回 平成30年11月13日 司法省矯正・社会復帰局職員,刑務所職員 30名 東ティモール
(ディリ)
ページの先頭へ