本文へ移動
国際研修・セミナー 国際研修・セミナー

汚職防止刑事司法支援研修

近年、アジア・太平洋地域の諸国では、市場経済化が急速に進行する中で、公務員の収賄、公金横領、職権を乱用した利権の独占等の汚職犯罪が多発し、これが国家の財政的基盤を害するとともに健全な経済取引の発達に対する大きな阻害要因となっています。汚職犯罪には、中央政界や大企業を巻き込んだものから末端公務員によるものまで様々な形態のものがあります。しかし汚職犯罪は、どのようなものであるにせよ、国民にとっては、政府や行政機関をはじめとする統治機構に対して不信感や不公平感を醸成するものでしかなく、その結果、時には、統治機構や経済基盤を揺るがしかねない重大な問題へと発展する場合もあります。今や汚職の防止と取締りの問題は、これらの国の経済・社会の健全な発展のための最優先課題といえます。しかも、これらの国では公務員制度が必ずしも整備されていない上、汚職犯罪の取締りに関する法整備も不十分です。

そこでこの研修では「汚職防止に関する法制度とその運用に関する研究」をテーマとして、毎回世界各国からの研修員及び日本からの参加者を交えて日本及びアジア地域を中心とする諸国における公務員の汚職の現状及び刑事司法の対応の現状と問題点、公務員における汚職の原因等を明らかにし、より効果的に対応できる刑事司法制度の在り方を探求し、法改正を含む既存の法制度の見直し等も視野に入れて、適正に運営するための具体的方策を検討・討議しています。

本研修の毎回の主要な論点は次のとおりです。

  • (1)公務員による汚職の実情
  • (2)公務員による汚職に対する刑事司法の対応上の問題点と対策
    • ア 捜査及び訴追上の問題点と対策
    • イ 裁判上の問題点と対策
  • (3)公務員による汚職の一般的な防止策
  • (4)公務員による汚職防止についての国際協力
回数 期間 研修参加国(参加者数) 概要等
第25回 2023.11.2
〜2023.11.28
バングラデシュ、ブラジル、カンボジア、コートジボワール、フィジー、ホンジュラス、インド、インドネシア、カザフスタン、ケニア、レバノン、マレーシア、モルディブ、ネパール、ナイジェリア、パキスタン、シエラレオネ、南スーダン、スリランカ、タイ、ウクライナ、ウズベキスタン、ベトナム、ザンビア、ジンバブエ、日本(合計34名) 概要PDF
第24回 2022.11.2
〜2022.11.28
ブラジル、カンボジア、コンゴ民主共和国、エジプト、ホンジュラス、カザフスタン、ケニア、マラウイ、モルディブ、マリ、ナイジェリア、パキスタン、パレスチナ、南スーダン、スリランカ、タイ、東ティモール、ウクライナ、ウズベキスタン、ザンビア、ジンバブエ、日本(合計32名) 概要PDF
Newsletter 167PDF
Resource Material 115
第23回 2021.9.22
〜2021.10.18
アルメニア、エジプト、ガンビア、ホンジュラス、インドネシア、レバノン、ラオス、マラウイ、マレーシア、モルディブ、ネパール、ナイジェリア、パレスチナ、パナマ、パプアニューギニア、東ティモール、ウズベキスタン、バヌアツ、ベトナム(合計27名) 概要PDF
Newsletter 162PDF
Resource Material 113
第22回 2019.10.9
〜2019.11.15
アフガニスタン、アルメニア、バングラデシュ、ブラジル、コンゴ民主共和国、フィジー、インドネシア、ヨルダン、カザフスタン、ラオス、マラウイ、マレーシア、ネパール、ニジェール、パキスタン、ペルー、シエラレオネ、スリランカ、タイ、ウクライナ、ウズベキスタン、ベトナム、ジンバブエ、日本(合計31名) 概要PDF
海外研修参加者コメントPDF
国内研修参加者コメントPDF
Resource Material 110
第21回 2018.10.11
〜2018.11.16
ブラジル、カンボジア、エジプト、カザフスタン、ケニア、ラオス、マダガスカル、マラウイ、マレーシア、モルディブ、モザンビーク、ミャンマー、ネパール、ニジェール、パキスタン、パプアニューギニア、フィリピン、シエラレオネ、スリランカ、スーダン、タジキスタン、東ティモール、ウクライナ、ウズベキスタン、ベトナム、ジンバブエ、日本(合計35名) 概要PDF
海外研修参加者コメントPDF
国内研修参加者コメント1PDF
国内研修参加者コメント2PDF
Newsletter 158PDF
Resource Material 107
第20回 2017.11.1
〜2017.12.7
バングラデシュ、ブータン、ブラジル、カンボジア、チャド、エジプト、インドネシア、イラク、ケニア、ラオス、モルディブ、ミャンマー、ネパール、パプアニューギニア、スリランカ、スーダン、タジキスタン、タンザニア、タイ、ジンバブエ、日本(合計28名) 概要PDF
Newsletter 155PDF
Resource Material 104
第19回 2016.10.12
〜2016.11.17
バングラデシュ、ブータン、ブラジル、カンボジア、エジプト、フィジー、ガイアナ、ホンジュラス、インドネシア、カザフスタン、キルギス、ラオス、モルディブ、マリ、ミャンマー、ネパール、パプアニューギニア、ペルー、南スーダン、スリランカ、タジキスタン、タンザニア、ウクライナ、ウズベキスタン、ベトナム、日本(合計30名) 概要PDF
Newsletter 152PDF
Resource Material 101
第18回 2015.10.14
〜2015.11.18
バングラデシュ、ブータン、コートジボワール、エジプト、ホンジュラス、カザフスタン、ケニア、キルギス、ラオス、モルディブ、ミャンマー、ネパール、パキスタン、南スーダン、タジキスタン、タイ、ウクライナ、ウズベキスタン、日本(合計30名) 概要PDF
研修参加者コメント1PDF
研修参加者コメント2PDF
Newsletter 149PDF
Resource Material 98
第17回 2014.10.8
〜2014.11.11
アフガニスタン、アルジェリア、バングラデシュ、ブラジル、カンボジア、インドネシア、キルギス、モルディブ、モンゴル、ネパール、パキスタン、南スーダン、サモア、タジキスタン、東ティモール、チュニジア、ウクライナ、ウズベキスタン、ベトナム、イエメン、日本(合計28名) 概要PDF
研修参加者コメントPDF
Resource Material 95
担当教官執筆の雑誌記事(罪と罰,平成27年6月〔通巻207号〕)PDF
第16回 2013.10.9
〜2013.11.13
アルジェリア、バングラデシュ、ブラジル、カンボジア、ケニア、モルドバ、ミャンマー、ナミビア、パナマ、タイ、東ティモール、日本(合計25名) 概要PDF
研修参加者コメントPDF
Newsletter 143PDF
Resource Material 92
担当教官執筆の雑誌記事(罪と罰,平成26年6月〔通巻203号〕)PDF
第15回 2012.10.11
〜2012.11.14
アフガニスタン、バングラデシュ、ブラジル、カンボジア、ギニア、ヨルダン、ケニア、キリバス、ラオス、モルドバ、モンゴル、ナイジェリア、パナマ、パプアニューギニア、フィリピン、サモア、タイ、東ティモール、ウガンダ、ウクライナ、日本(合計32名) 概要PDF
研修参加者コメントPDF
Resource Material 89
担当教官執筆の雑誌記事(罪と罰,平成25年3月〔通巻198号〕)PDF
第14回 2011.10.13
〜2011.11.10
アフガニスタン、バングラデシュ、カンボジア、コンゴ民主共和国、ケニア、ラオス、モルディブ、モンゴル、ネパール、ナイジェリア、日本(合計22名) 概要PDF
担当教官コメントPDF
研修参加者コメントPDF
Resource Material 86
第13回 2010.10.18
〜2010.11.12
アフガニスタン、ボツワナ、ブラジル、コンゴ民主共和国、エルサルバドル、インドネシア、イラク、メキシコ、ネパール、パキスタン、パラグアイ、フィリピン、スリランカ、タイ、ベトナム、ジンバブエ、日本(合計23名) 概要PDF
担当教官コメントPDF
研修参加者コメントPDF
研修参加者からの手紙PDF
Resource Material 83
第12回 2009.7.13
〜2009.8.7
アフガニスタン、アルバニア、コンゴ民主共和国、イラク、モンゴル、モンテネグロ、ネパール、パレスチナ、パプアニューギニア、サモア、スリランカ、タイ、ベトナム、イエメン、日本(合計23名) Resource Material 80
第11回 2008.10.16
〜2008.11.14
バングラデシュ、ブータン、カンボジア、エジプト、イラク、メキシコ、ネパール、フィリピン、スリランカ、タイ、イエメン、日本(合計19名) Newsletter 128PDF
Resource Material 79
第10回 2007.10.24
〜2007.11.22
ブルンジ、カメルーン、インドネシア、マラウィ、マリ、モルドバ、ネパール、フィリピン、セルビア、タイ、東ティモール、日本(合計17名) Newsletter 125PDF
Resource Material 76
第9回 2006.10.18
〜2006.11.17
アフガニスタン、バングラデシュ、ギニア、インドネシア、キルギス、モザンビーク、ナミビア、ネパール、ペルー、サモア、南アフリカ、タイ、東ティモール、ウガンダ、日本(合計18名) Resource Material 73
第8回 2005.10.24
〜2005.11.18
アルメニア、バングラデシュ、ボツワナ、カンボジア、フィジー、インドネシア、イラク、ラオス、マダガスカル、モンゴル、ミャンマー、ネパール、ナイジェリア、フィリピン、ウガンダ、日本(合計18名) Newsletter 119PDF
Resource Material 71
第7回 2004.10.18
〜2004.11.12
ブルガリア、エクアドル、グアテマラ、ホンジュラス、ラオス、ラトビア、マダガスカル、ネパール、パキスタン、フィリピン、ソロモン諸島、タイ、日本(合計16名) Newsletter 116PDF
Resource Material 69
第6回 2003.11.4
〜2003.11.28
バングラデシュ、コスタリカ、グルジア、インド、インドネシア、マレーシア、ネパール、ニカラグア、パナマ、パプアニューギニア、フィリピン、タイ、ザンビア、日本(16名) Newsletter 113PDF
Resource Material 65
第5回 2002.10.28
〜2002.11.22
アゼルバイジャン、バングラデシュ、ブータン、グルジア、キルギス、ラオス、マレーシア、モルディブ、パキスタン、パラグアイ、ルーマニア、タイ、ベネズエラ、日本(合計16名) Newsletter 110PDF
第4回 2001.11.5
〜2001.11.30
バングラデシュ,インド,インドネシア,ケニア,キルギス,マレーシア,ネパール,ナイジェリア,フィリピン,タイ,日本(合計15名) Newsletter 107PDF
第3回 2000.11.6
〜2000.12.1
ベリーズ、カンボジア、中国、インドネシア、ケニア、キルギス、マレーシア、モンゴル、パレスチナ、パラグアイ、ペルー、タイ、ウガンダ、日本(合計16名)
第2回 1999.11.15
〜1999.12.10
カンボジア、中国、モンゴル、ベトナム、パレスチナ、ケニア、ウガンダ、アルゼンチン、コロンビア、パラグアイ、リトアニア、日本(合計14名)
第1回 1998.11.16
〜1998.12.11
カンボジア、中国、ラオス、ラトビア、モンゴル、ベトナム、ザンビア、日本(合計12名)
ページの先頭へ