本文へ移動
国連の活動に対する貢献 国連の活動に対する貢献

国連の活動に対する貢献

国連アジア極東犯罪防止研修所(アジ研)は,国連の目指すグローバルな犯罪防止や犯罪者処遇に関する政策の立案・実施に協力しています。例えば,アジ研は,毎年春,ウィーンで開催される国連犯罪防止刑事司法委員会(国連経済社会理事会の機能委員会,略称「コミッション」)に出席し,アジ研の活動や調査研究成果を報告しています。

また,5年に一度開催される国連犯罪防止刑事司法会議(略称「コングレス」)においても,第10回コングレス以降,ワークショップをコーディネートするなどし,積極的に関与するほか,第13回コングレスで採択されたドーハ宣言にも盛り込まれた国際協力・技術支援・刑事司法分野の人材育成を重要視しています。

ドーハ宣言では,国連基準・規則の実施が強調されているところ,アジ研は,従来から国連基準・規則の具体的な実施を推奨する活動をその任務としており,各種研修・セミナーのテーマを選定するに当たっては,域内各国のニーズはもとより,コミッション,国連経済社会理事会,国連総会を通して決定された国連犯罪防止刑事司法プログラムの優先事項に十分な考慮を払っています。

コングレスにおいてアジ研がコーディネートしたワークショップのリスト

回数 開催年 開催地 ワークショップのテーマ
13回 2015 ドーハ(カタール) 女性犯罪者の処遇及び改善更生
12回 2010 サルバドール(ブラジル) 矯正施設における過剰収容に対する戦略とベストプラクティス
11回 2005 バンコク(タイ) マネーロンダリングを含む経済犯罪対策
10回 2000 ウィーン(オーストリア) コンピュータ・ネットワークに関連する犯罪

第13回コングレス・ワークショップ(カタール・ドーハ)

コングレス・ワークショップのパネリスト

コミッションへの貢献

コミッションは,犯罪防止及び刑事司法の分野における国連の政策形成機関であり,国連加盟国の中から経済社会理事会で行われる選挙により選出された我が国を含む40か国のメンバーより構成されています。

アジ研は,国連総会決議46/152「効果的な国連犯罪防止刑事司法プログラムの創設」(1991年12月18日採択)により,国連犯罪防止刑事司法プログラムの一翼を構成するものとされているプログラム・ネットワーク・インスティチュート(PNI)と呼ばれる研修研究機関の一つであるところ,同プログラムを主導する国連薬物・犯罪事務所(UNODC)の求めにより,日本政府代表団とは別に,このPNIとしての資格により,コミッションに参加することとされています。

このように,アジ研の活動は法の支配の推進と深く関係しており,引き続きPNIの一員として国連の犯罪防止・刑事司法分野に貢献していきます。

ページの先頭へ